2013年11月のツイートまとめ

2013年11月01日(金)2 tweets
11月1日
『2013年10月31日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/37906960.html…

11月1日
「龍谷大法科大学院で今春まで教えた広島大の田村和之名誉教授は『もはや首都圏のブランド大学の定員を減らし、優秀な学生を地方に分散させるしかない』と訴える」
http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/child/nws/131022_06.html…

2013年11月02日(土)5 tweets
11月2日
『2013年11月01日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/37915781.html…

11月2日
今井専門職大学院室長「入学定員の減につきましては…近年少し、そのスピードが落ちております。一方で実入学者数につきましては、その減少傾向に歯止めが掛からない…現在、入学定員4261人に対して実際の入学者数が2698人ということで、その乖離が非常に大きくなっております」

11月2日
鎌田薫(早大総長)「現実の状況に照らしたときに、その競争倍率が2倍を確保するということは、実際には非常に難しくなってきている…本年度の適性試験の…実受験者数が四千七、八百ぐらいですかね。ここから下位15%を除くと、実質4000人ぐらいしかいない」

11月2日
鎌田薫(早大総長)「入学定員と比べると、全国平均で一点ゼロ何倍とかいう、そういう数字になっている中で、実質的に合格率2倍を確保するというふうになると、やっぱり入学定員の多分半分ぐらいのところで入学者を打ち切らなきゃいけないような状況」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/hukyo/chukyo4/012/gijiroku/1340256.htm…

11月2日
鎌田薫(早大総長)「今後、永続的にそんな状況になるんだとしたら、それに合わせて入学定員も絞りましょうということになるのかもしれませんけれども、私はまだ、もっと、やっぱり志願者は増えるんだという夢は持ちたい」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/hukyo/chukyo4/012/gijiroku/1340256.htm…

2013年11月03日(日)3 tweets
11月3日
『2013年11月02日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/37923894.html…

11月3日
「司法試験という一発勝負の「点」での選抜ではなく、大学院を通じた「プロセス」で、法曹人を養成するよう転換したのだ。…“エリート”の選別に予備試験が使われる現状は、新制度の逸脱ではないだろうか」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/columneditorial/CK2013110102000145.html…

11月3日
鎌田薫(早大総長)「入学者をうんと絞って、そして、その大部分が合格するという、ある意味での医学部型を目指すんだとすると、大胆に、個々の法科大学院の定員を何割かずつ減らすのではなくて、設置数を大幅に減らす以外にない」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/hukyo/chukyo4/012/gijiroku/1340256.htm…

2013年11月04日(月)3 tweets
11月4日
『2013年11月03日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/37931354.html…

11月4日
司法修習生に対する給費の実現と充実した司法修習を求める要請書(PDF)
日本弁護士連合会
司法修習生に対する給与の支給継続を求める市民連絡会
ビギナーズ・ネット
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/speial_theme/data/131028_shushu_shomei01.pdf…

11月4日
市民のための法律家育成のために 「司法修習生に対する給費の実現と充実した司法修習を求める要請書」への賛同(団体・個人)のお願い(PDF)
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/speial_theme/data/131028_shushu_shomei02.pdf…
日本弁護士連合会
司法修習生に対する給与の支給継続を求める市民連絡会
ビギナーズ・ネット

2013年11月05日(火)1 tweet
11月5日
『2013年11月04日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/37939246.html…

2013年11月06日(水)4 tweets
11月6日
『2013年11月05日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/37947425.html…

11月6日
山本一太内閣府特命担当相は5日、司法制度改革の一環で、司法試験から選択科目の知財関連法を廃止する動きについて、政府と自民党に再検討を働きかける考えを示唆した。
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx152013106abau.html…

11月6日
司法試験の合格率が低く改善が見込めない法科大学院の統廃合促進に向け、文部科学省は、全73校を5段階のグループに評価し、交付金や補助金を評価に従って配分する方針を決めた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/0131106-OYT1T00578.htm…

11月6日
前田 庸氏(まえだ・ひとし=学習院大学名誉教授、元東京証券取引所グループ社外取締役、元三井住友トラスト・ホールディングス社外監査役)1日午後8時ごろ、多臓器不全のため東京都多摩市の病院で死去、81歳。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=2013112013110500732…

2013年11月07日(木)2 tweets
11月7日
『2013年11月06日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/37955812.html…

11月7日
『平成25年司法試験予備試験口述試験(最終)結果について(1)』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/37963199.html…

2013年11月08日(金)3 tweets
11月8日
『2013年11月07日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/37963927.html…

11月8日
口述がダメだった方。口述不合格はショックが大きいです。人格まで否定されたような錯覚に陥ることもあります。しかし口述は、とっさの受け応えや、試験委員との相性等不確定要素の大きい試験です。むしろ論文合格体験が大きいと思いましょう。論文は一度受かると次も受かりやすい法則があるからです。

11月8日
予備最終合格を果たした方は、すぐに司法試験出願手続が待っています。願書交付期間は11月12日から12月5日までです。

平成26年司法試験受験願書の交付等について
http://www.moj.go.jp/content/00011577.pdf…

2013年11月09日(土)3 tweets
11月9日
『2013年11月08日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/37972433.html…

11月9日
『平成25年司法試験予備試験口述試験(最終)結果について(2)』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/37979530.html…

11月9日
下記ニュース。自転車運転は「業務」に当たらないという短答知識が前提です。過去には自転車に「けんけん乗り」で赤信号を見落した事例で重過失が認定された東京高判昭57・8・10が有名ですね。

自転車事故、厳罰化…重過失傷害罪で3人起訴
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/0131105-OYT1T00144.htm…

2013年11月10日(日)2 tweets
11月10日
『2013年11月09日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/37981432.html…

11月10日
『平成25年司法試験予備試験口述試験(最終)結果について(3)』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/37988387.html…

2013年11月11日(月)2 tweets
11月11日
『2013年11月10日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/37989643.html…

11月11日
『平成25年司法試験予備試験口述試験(最終)結果について(4)』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/37995916.html…

2013年11月12日(火)2 tweets
11月12日
『2013年11月11日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/37998156.html…

11月12日
『平成25年司法試験予備試験口述試験(最終)結果について(5・完)』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38004713.html…

2013年11月13日(水)1 tweet
11月13日
『2013年11月12日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38007417.html…

2013年11月14日(木)1 tweet
11月14日
『2013年11月13日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38016755.html…

2013年11月15日(金)4 tweets
11月15日
『2013年11月14日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38025362.html…

11月15日
平成26年司法試験 受験案内
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushken/jinji08_00092.html…

11月15日
法科大学院の組織見直しを促進するための公的支援の見直しの更なる強化について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/5/11/1341427.htm…

11月15日
第3回 法曹養成制度改革顧問会議(平成25年11月12日開催)
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/hos_kaikaku/dai3/index.html…

2013年11月16日(土)2 tweets
11月16日
法曹養成制度検討会議中間的取りまとめに対する意見公募結果一覧
http://www.moj.go.jp/content/00011589.pdf…
http://www.moj.go.jp/content/00011590.pdf…
※「意見及び理由」欄については,提出された意見の原文をそのまま掲載し,個人情報部分については,「■■■■■」で表記

11月16日
『2013年11月15日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38034103.html…

2013年11月17日(日)5 tweets
11月17日
『2013年11月16日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38042296.html…

11月17日
【記者】
昨日,司法試験予備試験の結果が発表されまして,351人の合格者のうち8割近くが法科大学院や大学に在籍する方であり,本来の趣旨から若干外れてきているというような見方も出てきているかと思いますが,大臣の受け止めをお願いします。
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hsho08_00475.html…

11月17日
谷垣法相「今おっしゃったような御指摘については,今後,2年間掛けて分析しながら方向性を出していこうということですので,そちらの議論をしっかりやっていかなければならないと思います」
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hsho08_00475.html…

11月17日
「予算の締め付けで統廃合を強制するのは、教育の平等原則に反するのではないか」。司法試験の合格率低迷などで今年度の補助金を削減された私立法科大学院の担当者は、こう言って文科省の改革案を批判した。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/11111/trl13111123450003-n1.htm…

11月17日
司法試験科目に関するヒアリング結果概要
ヒアリング対象者
射出矢好雄(一橋ロー教授)、大貫裕之(中央ロー教授)、大渕哲也(東大ロー教授)、鎌田薫(早大総長)、後藤昭(一橋ロー教授)、土井真一(京大ロー教授)、村中孝史(京大ロー教授)
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/hos_kaikaku/dai3/siryou3_2.pdf…

2013年11月18日(月)2 tweets
11月18日
『2013年11月17日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38050703.html…

11月18日
『法律改正なしにローの定員を絞ることはできるか』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38052024.html…

2013年11月19日(火)4 tweets
11月19日
『2013年11月18日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38059290.html…

11月19日
保証人が主たる債務を相続したことを知りながら保証債務を弁済した場合、主たる債務の消滅時効は中断するか。特段の事情のない限り消滅時効は中断するとしたのが、最判平25・9・13です。
http://www.courts.go.jp/search/jhsp003?hanreiid=83563&hanreiKbn=02…

11月19日
附従性から保証債務の弁済は主債務の存在を前提とし、相続により主債務者兼保証人となった者が相続を知りながら弁済した以上、保証債務の弁済であっても、債権者に対し主債務の承認を表示することを包含するというのが、その理由です。
http://www.courts.go.jp/search/jhsp003?hanreiid=83563&hanreiKbn=02…

11月19日
消滅時効の中断とならない「特段の事情」がどのようなものかは不明ですが、理由付けから考えると、保証債務の弁済が主債務の承認の表示と認めるに足りない特段の事情ということになるでしょう。しかし、具体的にはなかなか想定し難いという感じですね。

2013年11月20日(水)3 tweets
11月20日
『2013年11月19日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38067360.html…

11月20日
司法試験・予備試験科目に関する法曹養成制度改革推進室案についての日弁連の見解
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/hos_kaikaku/dai3/siryou3_4.pdf…

11月20日
近時の公認会計士の合格者数の推移についての資料
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/hos_kaikaku/dai3/siryou8.pdf…

2013年11月21日(木)7 tweets
11月21日
『2013年11月20日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38075349.html…

11月21日
鎌田薫(早大総長)「現実的には、実質競争倍率2倍未満というのと、定員充足率50%未満という基準の両方を現状に照らして維持し続けると、かなりのところが減額対象になってしまう。それはそれでいいのかということは、なお再検討の余地はありそうな気がするということだけ申し上げておきたい」

11月21日
山本和彦(一橋大大学院法学研究科教授)「最初に、この2倍というのを設定したのは、その法曹になるべき能力を持っている人をきっちりと選抜するという観点からすると、やはり2倍、2人の中から1人ぐらいを選ぶのでなければ、きっちりとした選抜はできないという判断があったのだろう」

11月21日
山本和彦(一橋大大学院法学研究科教授)「下の部分が減っていて、上の層だけが残っているということであれば、競争倍率を減らすことに説明は付くんだろうと思うのですけれども…上の方にぶれているという感触は余りなくて、少なくとも均等に減っているのではないか」

11月21日
山本和彦(一橋大大学院法学研究科教授)「競争倍率を下げてもいいんだということを合理的に説明でき、それでも、仮にこれを1.8とか1.5にしても優秀な人材が採れているんだということを社会に向かって説明することは…なかなか難しい」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/hukyo/chukyo4/012/gijiroku/1340256.htm…

11月21日
長谷部由起子(学習院大学大学院法務研究科教授)「非常に問題があると言われている法科大学院で、入学者数が一桁しかいないというところでも、競争倍率は意外と2.0以上をキープしている」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/hukyo/chukyo4/012/gijiroku/1340256.htm…

11月21日
長谷部由起子(学習院大学大学院法務研究科教授)「それはどうしてかといいますと、複数入試をやっているからであって、そこはかなり人為的に2.0を超えるということは可能なのでありまして、定員削減にも必ずしも役に立っていない」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/hukyo/chukyo4/012/gijiroku/1340256.htm…

2013年11月22日(金)1 tweet
11月22日
『2013年11月21日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38083598.html…

2013年11月23日(土)8 tweets
11月23日
『2013年11月22日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38091663.html…

11月23日
メディアでも取り上げられた一票の格差に関する最大判平25・11・20。違憲状態とした点は特に新しくありませんが、従来からの判断枠組みを採る理由と、合理的期間の判断基準と起算点を明示して当てはめた点は新しいといえます。
http://www.courts.go.jp/search/jhsp003?hanreiid=83745&hanreiKbn=02…

11月23日
@不平等状態、A合理的期間、B事情判決という「段階を経て判断を行う方法が採られてきたのは,単に事柄の重要性に鑑み慎重な手順を踏むというよりは,憲法の予定している司法権と立法権との関係に由来する」
http://www.courts.go.jp/search/jhsp003?hanreiid=83745&hanreiKbn=02…

11月23日
「裁判所において選挙制度について投票価値の平等の観点から憲法上問題があると判断したとしても,自らこれに代わる具体的な制度を定め得るものではなく…国会において自ら制度の見直しを行うことが想定されている」
http://www.courts.go.jp/search/jhsp003?hanreiid=83745&hanreiKbn=02…

11月23日
「裁判所が選挙制度の憲法適合性について上記の判断枠組みの各段階において一定の判断を示すことにより,国会がこれを踏まえて所要の適切な是正の措置を講ずることが,憲法の趣旨に沿う」
http://www.courts.go.jp/search/jhsp003?hanreiid=83745&hanreiKbn=02…

11月23日
「合理的期間内における是正がされなかったといえるか否かを判断するに当たっては,単に期間の長短のみならず,是正のために採るべき措置の内容,そのために検討を要する事項,実際に必要となる手続や作業等の諸般の事情を総合考慮して…評価すべき」
http://www.courts.go.jp/search/jhsp003?hanreiid=83745&hanreiKbn=02…

11月23日
「憲法の投票価値の平等の要求に反する状態に至っているとする当裁判所大法廷の判断が示されたのは,平成23年3月23日であり,国会においてこれらが上記の状態にあると認識し得たのはこの時点からであったというべきである」
http://www.courts.go.jp/search/jhsp003?hanreiid=83745&hanreiKbn=02…

11月23日
一連の高裁判決(3月)が出された後の6月に決まった新たな区割りでは、10年の国勢調査ベースで格差が2倍未満(1・998倍)になった。この日の最高裁判決はこの点も加味して判断したが、高裁ではこうした事後の経緯が考慮されていない。
http://senkyo.mainichi.jp/news/20131121dm003010095000c.html…

2013年11月24日(日)1 tweet
11月24日
『2013年11月23日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38099093.html…

2013年11月25日(月)3 tweets
11月25日
『2013年11月24日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38107113.html…

11月25日
「日本弁理士会は、論文式試験の選択科目の廃止はもとより、選択科目中の「知的財産法」の削減には、最近の知的財産をめぐる国際情勢を踏まえ、断固反対を表明する」
平成25年11月21日 日本弁理士会会長 古谷史旺
http://www.jpaa.or.jp/?p=22757

11月25日
平成25年司法試験予備試験論文式試験出題の趣旨
http://www.moj.go.jp/content/00011683.pdf…

2013年11月26日(火)5 tweets
11月26日
『2013年11月25日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38116061.html…

11月26日
自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律が成立しました。従前の危険運転致死傷(刑法208条の2)と自動車運転過失致死傷(211条2項)は上記改正法に移されます。

悪質運転の厳罰化、法案が成立 病気・無免許の事故対象
http://www.asahi.com/articles/TKY20311200151.html…

11月26日
その結果、危険運転致死傷は特別法犯ということになります。論文試験では基本的に刑法犯が問われるので、危険運転致死傷の出題可能性はかなり低くなったと考えてよいでしょう。問題文の「特別法違反の点を除く」という記述により排除されるわけですね。
http://www.moj.go.jp/keiji1/keiji1200074.html…

11月26日
他方、短答ではこれまでどおり出題されてもおかしくありません。改正法の条文には一度目を通しておいた方がよいでしょう。
要旨
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1kousei/gian/185/pdf/53183520.pdf…
要綱
http://www.moj.go.jp/content/00010971.pdf…
法律案
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1kousei/gian/185/pdf/t031830521830.pdf…

11月26日
なお、関連して刑訴法316条の33第1項2号(被害者参加対象事件)の「211条」に含まれていた自動車運転過失致死傷が同条に含まれなくなる関係で、これを新たに挿入する同項の改正(4号を5号に移し、4号として挿入する)もされていますが、これは従来の取扱いを変更するものではありません。

2013年11月27日(水)9 tweets
11月27日
『2013年11月26日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38125510.html…

11月27日
自動車運転死傷行為処罰法のポイントです。
まず、通行禁止道路において重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為が危険運転致死傷の対象になりました。一方通行の逆走や歩行者用道路への侵入がこれに当たります。下記URL参照。
http://www.moj.go.jp/content/00010758.pdf…

11月27日
それから、アルコール又は薬物の影響により、その走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で、自動車を運転し、よって、そのアルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態に陥り、人を死傷させた場合が新たに処罰対象となっています(改正法3条1項)。

11月27日
同様に、「自動車の運転に支障を及ぼすおそれがある病気として政令で定めるものの影響」による場合も、処罰対象となっています(同条2項)。上記病気の範囲の詳細は下記URL参照。病名を覚える必要はありませんが、イメージは掴んでおきましょう。
http://www.moj.go.jp/content/00010759.pdf…

11月27日
いずれも、「正常な運転に支障が生じるおそれがある状態」で運転を開始し、運転中に「正常な運転が困難な状態」に至る点がポイントです。当初から「正常な運転が困難な状態」で車を走行させる場合(改正法2条1号、改正前刑法208条の2第1項前段)との違いを意識しておきましょう。

11月27日
逃げ得防止の規定も新設されました。酒や薬物を飲んで事故を起こした者がその発覚を免れようとする行為自体を処罰する規定です(改正法4条)。酒や薬物で「正常な運転に支障が生じるおそれがある状態」で運転し「運転上必要な注意を怠り」すなわち過失で死傷させたことが前提である点がポイントです。

11月27日
酒や薬物の発覚を免れる行為としては、「更にアルコール又は薬物を摂取すること、その場を離れて身体に保有するアルコール又は薬物の濃度を減少させること」が例示として挙がっています。最低限これらの行為が処罰対象であることは知っておきましょう。
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1kousei/gian/185/pdf/t031830521830.pdf…

11月27日
そして、各罪を無免許で行った場合に加重処罰する規定が、改正法の6条です。道交法の無免許運転との併合罪加重より重くする趣旨です。事故時の無免許運転について別途道交法上の無免許運転罪が成立することはありませんが、別の機会の無免許運転罪は別途成立し、さらに併合罪加重されます。

11月27日
2条1号と3条及び4条の故意の対象の違いを特に注意しましょう。2条1号は自分が正常運転困難状態であることが故意の対象です。他方、3条及び4条は、「正常な運転に支障が生じるおそれがある状態」を認識すれば足りる。3条の場合、正常運転困難状態は加重結果ですから故意対象でないわけですね。

2013年11月28日(木)9 tweets
11月28日
『2013年11月27日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38134015.html…

11月28日
新たに制定された自動車運転死傷行為処罰法。特別法としたのは、政令で委任すべき技術的事項があり、基本法である刑法に政令委任事項を含めるのは適切でないこと、一部のみを特別法として刑法の規定を引用することはわかりにくいことから、一括して特別法とするのが適切であることが理由です。

11月28日
稲田政府参考人「法律案の二条六号の通行禁止道路でありますとか…三条二項の病気については、具体的内容についてかなり技術的に詳細な事項に至るまでの規定が必要であり、かつ、道路交通法令や医学的知見などの変化に応じて柔軟に見直す必要もある」
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigirokunsf/html/kaigiroku/000418320130619019.htm…

11月28日
稲田政府参考人「政令で委任するという必要があろうかというふうに考えているところでございまして、そのような規定につきまして、基本法である刑法にこのような政令の委任規定を設けることは相当ではないという考慮がございました」
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigirokunsf/html/kaigiroku/000418320130619019.htm…

11月28日
稲田政府参考人「無免許運転による刑の加重規定のみを特別法に規定する場合には、条文のつくりといたしまして、危険運転致死傷罪や自動車運転過失致死傷罪を刑法に残したまま条文を引用するというような形で、非常に法律としてわかりにくくなってしまう」

11月28日
稲田政府参考人「そこで、自動車運転により人を死傷させる行為に対する罰則を一まとめにして法律で規定した方が、国民の皆様から見てわかりやすさという点で積極的な意義があるというふうに考えまして…新法として特別法の方に規定することとした」
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigirokunsf/html/kaigiroku/000418320130619019.htm…

11月28日
決定的な理由は、法制上、基本法に政令委任があってはならないということです。当時の法制審議会刑事法(自動車運転に係る死傷事犯関係)部会の西田典之部会長も、本当は刑法典に残したかったが、政令委任がある以上残せないと述べています。

11月28日
西田典之部会長「政令マターが入ってくれば刑法典には当然書ききれない…政令委任がある以上は,これは刑法にはやはり置けないというのがもうほとんどそれに尽きるかと思います。私も基本的には,これ刑法に残したい…のですが,涙を飲んで仕方がない」
http://www.moj.go.jp/content/00010822.pdf…

11月28日
西田部会長「病気の定め方とか,それから通行禁止道路を道路交通法よりも更に制限するために,政令委任をせざるを得ない…刑法では書ききれない…私も心情的には,もうこれは刑法に残してほしいと思っているのですけれども,もう本当に涙を飲んで」
http://www.moj.go.jp/content/00010822.pdf…

2013年11月29日(金)3 tweets
11月29日
『2013年11月28日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38142958.html…

11月29日
知財法の除外、慎重検討を=司法試験改革で要請−山本担当相
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=213112800650…

11月29日
共通到達度確認試験等に関する調査検討経過報告
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/hukyo/chukyo4/012/siryo/__icsFiles/afieldfile/2013/11/27/1341904_5.pdf…
平成25年11月22日
中央教育審議会大学分科会法科大学院特別委員会共通到達度確認試験等に関する検討ワーキング・グループ

2013年11月30日(土)5 tweets
11月30日
『2013年11月29日のtweet』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38151439.html…

11月30日
自動車運転死傷行為処罰法では、アルコール・薬物・病気による場合のみで、過労の類型は含まれていません。これは、過労の定義、故意の判断が困難であること、運転者個人へ帰責すべきでない場合(過酷な労働条件で過労に陥る場合等)があることが理由です。

11月30日
谷垣国務大臣「過労の定義が難しい…意識のある状態と無意識の状態、その状態を行き来しながら最終的には意識を失う…どの段階で過労運転の故意を認めるのか…厳しい労働条件の中で働いて起こる…運転手本人だけの責任とすることができるか」
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigirokunsf/html/kaigiroku/000418320130619019.htm…

11月30日
谷垣国務大臣「私はその議論が全部正しいのかどうかわかりませんが、そういう御議論があったことは事実でございまして、そういう中で、過労を今回の中で類型化していくのは難しいなという判断、現時点ではそういうことではないかと私は考えております」
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigirokunsf/html/kaigiroku/000418320130619019.htm…

11月30日
『「司法試験平成23年出題趣旨の読み方(商法)」を発売しました』司法試験・法科大学院(ロースクール)情報|http://studyweb5.seesaa.net/article/38157236.html…

戻る