平成28年司法試験の結果について(12)

1.これまでは、予備組全体の合格率をみていきました。今回は、予備組内部の合格率をみてみましょう。以下は、年代別の受験者合格率です。

年齢 受験者数 合格者数 受験者合格率
20~24 138 130 94.2%
25~29 55 40 72.7%
30~34 39 17 43.5%
35~39 46 21 45.6%
40~44 38 23.6%
45~49 31 22.5%
50以上 39 11 28.2%

 年代別にみると、明暗がはっきり分かれていることがわかります。20代前半は9割を超える圧倒的な合格率。それが、歳を重ねるにつれて、急速に落ちていきます。今年は、50歳以上がやや健闘していますが、大まかにみると、9割以上の20代前半、7割程度の20代後半、4割台の30代、2割台の40代以降、というように、歳を取ると合格率が下がっていく傾向が顕著です。
 この差は、どの段階で生じているのか。短答段階では、予備組は受験者382人中6人しか落ちていません。その6人は、20代前半に2人、20代後半に1人、30代前半に2人、30代後半に1人で、むしろ若手に集中している。40代以降で、短答に落ちた人は、1人もいません。ですから、若手の圧倒的に高い合格率は、専ら論文段階で生じているのです。
 この論文段階での若手圧倒的有利の傾向は、今年の予備組に限ったことではなく、旧司法試験時代から生じていた論文式試験に顕著な特徴です(「平成22年度旧司法試験論文式試験の結果について」)。その背後にある要因を明らかにすることが、論文を攻略するための重要なヒントとなります。

2.若手圧倒的有利の要因の1つは、以前の記事でも説明した「受かりにくい者は、何度受けても受からない」法則との関係です(「平成28年司法試験の結果について(9)」)。不合格者が翌年受験する場合、必ず1つ歳をとります。不合格を繰り返せば、どんどん高齢になっていく。その結果、高齢の受験生の多くが、不合格を繰り返した「極端に受かりにくい者」として滞留し、結果的に、高齢受験者の合格率を下げる。これは、年齢自体が直接の要因として作用するのではなく、不合格を繰り返したことが、年齢に反映されることによって、間接的に表面化しているといえます。
 もう1つは、年齢が直接の要因として作用する要素です。それは、加齢による反射神経と筆力の低下です。論文では、極めて限られた時間で問題文を読み、論点を抽出して、答案に書き切ることが求められます。そのためには、かなり高度の反射神経と、素早く文字を書く筆力が必要です。これが、年齢を重ねると、急速に衰えてくる。これは、現在の司法試験では、想像以上に致命的です。上記の「受かりにくい者は、何度受けても受からない」法則とも関係しますが、論点抽出や文字を書く速度が遅いと、規範を明示し、問題文を丁寧に書き写すスタイルでは書き切れなくなります。どうしても、規範を省略したり、問題文を要約するスタイルにならざるを得ない。そうなると、わかっていても、「受かりにくい者」になってしまうのです。この悪循環が、上記のような加齢による急激な合格率低下の要因になっているのだと思います。
 加齢による反射神経や筆力の低下は、ある程度はやむを得ません。とはいえ、50代以降でも2割以上合格しているように、これは克服可能です。30代以降の受験生は、このことを意識した対策をとる必要があるでしょう。文字を早く書く訓練をしたり、事例演習を繰り返して、反射的に論点を抽出できるようにする。法律の知識・理解よりも、「規範の明示と事実の摘示のスタイルを守って時間内に書き切ること」の方が、はるかに合否を左右します。

3.以下は、予備組の職種別の受験者数、合格者数、受験者合格率をまとめたものです。法務省公表の資料で、「公務員」、「教職員」、「会社員」、「法律事務所事務員」、「塾教師」、「自営業」として表示されているカテゴリーは、それらを合計した数字を「有職者」としてまとめて表示し、「その他」のカテゴリーは省略しています。

職種 受験者数 合格者数 受験者
合格率
有職者 107 38 35.5%
法科大学院生 98 86 87.7%
大学生 72 69 95.8%
無職 91 37 35.7%

 法科大学院生・大学生のグループと、有職者・無職のグループに分かれます。前者のグループが、後者のグループより圧倒的に合格率が高い。これは、職種というより、年齢の要素を反映したものと考えてよいでしょう。大学生や法科大学院生のほとんどは20代なので、合格率が高くなっているのです。
 注目したいのは、有職者と無職で合格率にほとんど違いがない、ということです。正社員として勤務していると、勉強をする時間がないので、無職(アルバイトを含む。)の方が有利である、と言われることがあります。しかし、この数字を見る限り、必ずしもそうではない。これは、論文試験が、主として法律の知識・理解ではなく、反射神経や筆力に依存する試験であることによります勉強量は、ほとんど関係がないのです。このことは、受験を考えている社会人にとって、重要な事実でしょう。ただし、短答は勉強量に強く依存しますから、短答の学習をする時間は、最低限確保しなければなりません。
 もう1つ、興味深いのは、法科大学院生より大学生の方が合格率が高いということです。これは、1つには年齢の要素があります。通常、大学生の方がロー生より若いので、反射神経や筆力という点で、ロー生より有利になるというわけです。それだけでなく、ローで教えていることが、司法試験の合格に不要であるばかりか、有害である可能性も示唆しています。ローでは、趣旨や本質から考えることを教えますが、それは論文では書いていられない。端的に規範を明示し、問題文を書き写さないと受からないので、ローで教わったことを書く余裕がないというわけです。その結果、ローに通っていない大学生の方が受かりやすくなってしまう。興味深い現象です。

4.以下は、予備組の最終学歴別の受験者数、合格者数、受験者合格率のうち、「大学在学中」、「法科大学院修了」、「法科大学院在学中」の3つのカテゴリーを抜粋したものです。

学歴 受験者数 合格者数 受験者
合格率
大学
在学中
72 69 95.8%
法科大学院
修了
69 19 27.5%
法科大学院
在学中
98 86 87.7%

 法科大学院修了のカテゴリーだけ、極端に合格率が低いことがわかります。このカテゴリーは、ローを修了した後に受験回数を使い果たし、予備試験に合格して復活した人達が属します(※)。予備試験に合格して敗者復活を果たしても、司法試験で苦戦している、ということです。ここでもまた、論文の「受かりにくい者は、何度受けても受からない」法則が強力に作用していることがわかります。以前の記事(「平成28年司法試験の結果について(9)」)で説明したとおり、書き方のクセが直らないと、予備試験に合格しても、司法試験で苦戦することになるのです。同じ予備組で、ここまで差が付いているということを、重く受け止める必要があるでしょう。

 ※ 厳密には、ロー在学中に予備に合格し、司法試験を受験したが、不合格になった人が、ローを修了した後に再受験する場合も含みます。

戻る