手形小切手法

有価証券の意義

その本質は権利と証券の結合であるから、有価証券とは財産的価値を有する私権を表章する証券で、権利の発生・移転・行使の全部または一部に証券を要するものをいうと解する。

貨物引換証の要式性(571条2項)

貨物引換証は証券外の運送契約により権利義務が発生する以上、要式性は緩やかで良い。
よって、法定記載事項の一部を欠いても、運送契約の内容が特定できれば、効力が認められると解する。

貨物引換証の有因性と文言性(572条)

貨物引換証は証券外の運送契約により権利内容が定まるので有因証券である。
よって、文言性(572条)は本質的なものではなく、取引の安全の見地から定められたものと解する。
従って、善意無重過失の所持人には品違い・空券であることを運送人は対抗できないと解する。

貨物引換証の物権的効力(575条)の根拠

間接占有の移転と解すると、運送人が一事紛失した場合、所持人の占有も失われることになって不都合であるから、証券の引渡自体が特殊の占有移転であると解する。

手形理論(手形上の権利はいつ発生するか)

手形法に特則無い以上、手形の交付を伴う契約により発生すると解する。

交付欠缺

手形の交付契約が無い以上、手形上の権利は発生しないのが原則である。
もっとも、それでは手形取引の安全を害する。
そこで、権利外観理論により、外観の存在とそれに対する相手方の信頼(善意無重過失)、手形債務者の帰責性を要件として、手形上の権利が発生するものと解する。

権利外観理論における帰責性の程度

単に手形に署名しただけで手形債務を負担させるのは酷であるから、何らかの形で手形を流通におく原因を与えたことを要すると解する。

確定日払手形に振出日の記載は必要か

手形の種類を問わず手形要件とされている(1条7号、75条6号)以上、必要と解する。

振出日前の満期の記載された手形の有効性

振出日(1条7号、75条6号)と満期(1条4号、75条3号)は共に手形要件である。そして、振出日に満期が過ぎているのは矛盾である。
手形要件相互が矛盾している以上、手形要件を欠いたと同視すべきであるから、手形は無効と解する。

支払地外の支払場所の記載

支払地は手形要件である(1条5号、75条4号)が支払場所は手形要件ではない。
そこで、本来支払場所は支払地にあることを前提とする以上、支払地外の支払場所の記載は無効であるが、手形自体は有効であり、所持人は支払地内の債務者の現在の住所・営業所に支払呈示できると解する。
もっとも、禁反言の見地から、所持人が支払場所に記載された場所で支払呈示したとしても、振出人はこれを拒めないと解する。

支払呈示期間経過後の支払場所の記載の効力

支払呈示期間経過後も支払場所に資金を留め置くことを手形債務者に強いるのは酷である。
よって、支払場所は効力を失い、所持人は支払地内の債務者の現在の住所・営業所に支払呈示すべきと解する。

明文無き任意的記載事項

手形の流通確保のため、画一性を重視すべきであるから否定すべきと解する。

指図文句と指図禁止文句の併存

振出人が特に記載したことを考慮すると、指図禁止文句の効力を認めるべきであると解する。

文字による手形金額の記載が明らかな誤記である場合

手形の流通確保のため、画一性を重視すべきであるから、一律に6条を適用して処理すべきと解する。

錯誤・詐欺による手形行為に民法の適用はあるか

手形法にこれを排斥する規定は無いから、適用があると解する。
もっとも、転得者の取引安全も保護すべきであるから、権利外観理論を適用すべきである。

手形金額の一部錯誤

手形債務は単純な金銭債権(1条2号、75条2号)であるから可分である。
よって、錯誤の生じていない部分については、手形債務者は無効を主張できないと解する。

後者の抗弁(二重無権のケース)

所持人は手形を所持する実質的理由を失った以上、17条1項の適用を主張できない。
よって、手形債務者は前者に対する抗弁を主張して、支払いを拒むことができる。

後者の抗弁(二重無権で無いケース)

所持人は手形を所持する実質的理由を失っている以上、権利行使は権利の濫用として許されない。

狭義の「支払いのために」と「担保のために」の区別(原因関係上の債権を先に行使できるか)

通常債務者は手形による決済を期待するといえるから、原則として狭義の支払いのために振り出されたと解する。
もっとも、第三者方払いの記載がなく債務者が唯一の手形債務者である場合は、債務者に不利益が無いので、担保のために振り出されたものと解する。

原因債務の支払と手形の受戻しは同時履行か

二重払いの危険を回避させるため、信義則上(民法1条2項)、手形の返還と引換のみ原因債務を支払うという、一種の同時履行関係を主張することができると解する。

通称名、雅号での手形署名の有効性(周知性・慣用性の要否)

自己を表示するものとして署名した以上、周知性・慣用性が無いからといって、手形債務を免れさせることは不当である。
よって、周知性・慣用性が無くとも、署名は有効である。

手形行為のみの許諾に14条(名板貸人の責任)の類推適用はあるか

同条は名板貸人を取引主体と誤信したものを保護する趣旨である。
手形行為のみにつき許諾があった場合も、名板貸人を取引主体と誤信する点は同じである。
よって、14条の類推適用により、名板貸人の責任を認めうると解する。

法人の機関方式の有効性

権限のある代表者による署名である以上、これを有効と解する。

署名代行の可否

権限のあるものによる代行である以上、有効と解する。

押印のみで記名が無い場合

押印のみで署名と認めることはできない。もっとも、記名部分白地の白地手形として有効と解する余地がある。
※署名=自署による氏名の表示をいう 記名=自署以外の氏名表示(ワープロ字など)をいう
  記名+押印=署名とされる(商法32条)

手形行為への表見代理規定の適用の可否

手形法にこれを排除する規定が無い以上、適用を肯定すべきである。
もっとも、代理権限の存在を誤信するのは直接の相手方に限られるから、それ以降の取得者には適用は無い。
これらの者の保護は権利外観理論によるべきと解する。

手形の被偽造者の責任

原則として責任を負わないが、帰責性ある場合は、取引安全を優先すべきであるから、表見代理規定の類推適用により責任を負う余地があると解する。

手形偽造者の責任

無権限で本人が責任を負うかのような手形行為をした点で、無権代理と異ならないから、8条を類推すべきと解する。

手形取引は会社法356条1項2号の「取引」にあたるか(手形行為は利益相反取引として承認を要するか)

あたると解する。原因債務より一層厳格な支払義務を負うことになるからである。

手形の被変造者の責任

変造前の文言に従って責任を負えば足りるのが原則である(69条)。
もっとも、変造されたことにつき帰責性がある場合、外観を信頼した者の保護を優先すべきである。
そこで、権利外観理論により、被変造者の責任を肯定すべきと解する。

裏書の連続の判断基準

手形取引の安全を図るために、専らその外観から、形式的に判断すべきと解する。

裏書不連続手形による権利行使

裏書の連続による形式的資格は個々の裏書による資格授与的効力の集積であるから、不連続部分につき実質的権利を証明すれば、権利行使できると解する。

A→A相続人Bの記載に裏書の連続を認めうるか

相続は手形外の事情であるから、裏書の連続を認めることはできないと解する。

被裏書人欄の抹消と裏書の連続

白地式裏書(13条2項)の外観が生じている以上、白地式裏書として連続を認めうると解する。

受取人欄の改ざんと裏書の連続

69条は手形債務の内容は変造によって変更しない趣旨の規定であるにすぎない。
裏書の連続は手形の外観から形式的に決すべきであるから、現在の記載によって連続を判断すべきである。

善意取得の適用範囲

手形は高度の流通性確保の要請があるから、形式的資格に基く事項に限られず、広く瑕疵一般を治癒すると解する。

裏書不連続手形の善意取得の可否

善意取得の基礎となる形式的資格は個々の裏書による資格授与的効力の集積である。
よって、不連続部分の実質的権利を証明すれば善意取得が認められると解する。

17条但書の「害スルコトヲ知リテ」の意義

抗弁は常に行使されるわけではないから、単なる悪意では足りず、満期において手形債務者が所持人の前者に対する抗弁を主張して支払いを拒むことは確実であるという認識を有しながら、手形を入手したことをいうと解する。

融通手形の抗弁

特殊の生来的抗弁と解するのは、その根拠が不明である。融通契約に違反したことをもって抗弁と解すれば足りる。

裏書に手形行為独立の原則は適用されるか

手形行為独立の原則は、前提行為の無効を政策的に後続の行為に及ばないものとし、手形取引の安全を図る趣旨の規定である。
裏書にも手形取引の安全を図る必要性はある。よって、裏書にも適用があると解する。

悪意の取得者に手形行為独立の原則の適用はあるか

悪意・重過失の取得者には手形取引安全を図る必要がないから、適用は無いと解する。

戻裏書と人的抗弁

17条本文により、抗弁が切断されるのが原則であるが、戻裏書により不当に抗弁の対抗を免れるのは不当であるから、権利の濫用(民法1条3項)となる場合があると解する。

隠れた取立委任裏書の法的性質

手形取引安全のため、形式的に判断すべきであるから、通常の譲渡裏書の効力を有し、取立委任の特約は、人的抗弁となると解する。

支払免責の適用範囲

手形の高度の流通性確保の要請から、形式的資格から推定されない事項にも及ぶと解する。

手形法40条3項の「悪意・重過失」の意義

形式的資格を有する所持人に対しては、通常の悪意重過失とは異なり、無権利を知り、容易に証明できたにも関わらず、故意に、または重大な不注意により支払った場合をいうと解する。
なぜなら、この場合手形債務者は所持人の無権利を証明しなければ支払いを拒めないからである。
他方、形式的資格を有しない所持人に対しては、そのような支払強制は無いので、通常の悪意重過失を意味すると解する。

支払呈示なき裁判上の請求に付遅滞効はあるか

裁判上手形権利者としての権利行使が認められた以上、付遅滞効は認められると解する。

支払呈示無き催告に時効中断効はあるか

権利行使の意思が明確化した以上、認めうると解する。

手形の所持しない者による裁判上の請求に時効中断効は認められるか

権利行使の意思が明確化した以上、認めうると解する。

受戻無き支払の効力

一般原則通り、手形債務は消滅する。
もっとも、残存手形が流通した場合は、受戻さなかった債務者よりも、手形取引安全を重視すべきであるから、権利外観理論により、転得者を保護すべきと解する。

裏書不連続手形に対する支払免責の可否

支払免責の基礎となる形式的資格は個々の裏書による資格授与的効力の集積である。
よって、不連続部分の実質的権利を所持人が証明した場合、支払免責が認められると解する。

満期前の支払

40条3項の適用はないが、戻裏書との均衡を考慮して、16条2項の類推適用が認められると解する。

除権決定による実質的権利の回復の肯否

除権決定は手形の所持という形式的資格に対応するものであるから、実質的権利は回復しないと解する。
よって、除権決定以前の善意取得者には手形権利者であることを対抗できない。

除権決定後の手形再交付請求の可否

除権決定は形式的資格を回復させるにとどまるものであるから、再交付までは請求できないと解する。

除権決定を受けた白地手形所持人による白地補充の可否

除権決定は白地手形そのものを復活させるものではないから、補充はできないと解する。

白地手形と無効手形の区別

形式上差異が無い以上、振出人に事後、所持人に補充させる意思があるか否かで判断すべきである。

白地手形未補充での呈示の効果

白地手形は未完成手形に過ぎないので、遡求権保全効、付遅滞効は無い。
もっとも、権利行使の意思が明確化した以上、時効中断効は認められる。

不当補充後の取得者に10条は適用されるか

手形取引の安全保護の趣旨が妥当するから適用されると解する。

不当補充前の取得者に10条は適用されるか

手形取引の安全保護の趣旨が妥当するから適用されると解する。

満期白地手形の補充権の消滅時効

永久に時効にかからないとするのは不当であるから、独自の消滅時効にかかると解する。
そこで、補充しうる時期を起算点とし、「手形・・・に関する行為」(商法501条4号)として5年の時効により消滅する(商法522条)と解する。

手形保証人による、被保証人の抗弁援用の可否

手形保証の独立性(32条2項)から、被保証人の有する抗弁の援用は認められない。
もっとも、このような場合、所持人には固有の経済的利益はなく、手形金請求は権利の濫用というべきである。
よって、手形保証人は権利濫用の抗弁を主張して、手形金支払いを拒むことができる。

権利濫用の抗弁を主張せずに支払ってしまった手形保証人の求償の可否

手形保証人も支払いを強制される立場にあるから、善意支払(40条3項)の規定を類推すべきと解する。

手形金請求の訴え提起により、原因債権の時効中断は生ずるか

手形債権と原因債権とは経済的同一性があるから、時効中断を肯定すべきと解する。

原因債権の時効消滅は抗弁事由となるか

原因債権の消滅に代わりは無い以上、抗弁事由となると解する。

利得償還請求を行使するためには原因関係上の債権の消滅をも要するか

利得償還請求は公平の見地から認められる最終手段であるから、原因関係上の債権の消滅をも要すると解する。

利得償還請求に手形の所持は必要か

不要と解する。利得償還請求は公平の見地から認められる指名債権であり、手形との結合は無いからである。

利得償還請求の消滅時効

商法501条4号、522条により、5年と解する。

戻る