平成18年度新試短答公法系第2問解説

【問題】

日本国憲法における「主権」の概念に関する次のアからエまでの各記述について,誤っているもの二つの組合せを,後記1から6までの中から選びなさい。

ア. 日本国憲法前文には「われらは,いづれの国家も,自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて,政治道徳の法則は,普遍的なものであり,この法則に従ふことは,自国の主権を維持し,他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる」とあるが,ここにいう「主権」は「国家の統治権」を意味する。

イ. 国民主権の意義を,国家が支配権力を行使する権威のより所(国家権力の正統性)が国民に由来することと解する立場からすると,国民主権の原理は,国家権力の行使が全国民の名の下で行われるべきことを意味するにとどまり,実際に国家の意思決定に国民の意思が的確に反映されるような仕組みを作ることまでは要請されない。

ウ. ポツダム宣言8項には「日本国ノ主権ハ本州,北海道,九州及四国並ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ」とあるが,ここにいう「主権」は日本国憲法第1条にいう「主権」の意味とは異なる。

エ. 日本国憲法の国民主権原理が明治憲法の天皇主権の否定として表明されたものだという趣旨からすると,日本国憲法下において,少なくとも天皇は国民ではないことは明らかである。

1. アとイ  2. アとウ  3. アとエ  4. イとウ  5. イとエ  6. ウとエ

【解説】

「主権」には、
1.最高独立性としての主権
2.統治権としての主権
3.国政の最終決定権としての主権
の3種類がある。

その3種類の簡単な見分け方は、次の通りである。
1.の主権は、対外関係に関する場合である。
2.の主権は、領土の範囲を記述する場合である。
3.の主権は、日本国憲法においては、国民主権を表す場合である。

そうすると、アは「他国と対等関係」といっているから対外関係に関するものであり、最高独立性としての主権を意味するから、
統治権という意味ではない。よって、誤り。

また、ウにつき、ポツダム宣言8項の記述は領土の範囲について記述するから、統治権という意味であるが、
日本国憲法第1条の主権は国民主権を表すから、国政の最終決定権の意味であるから、両者の意味は異なる。
よって、正しい。

以上から、正解は、1・3に絞られる。

そこで、イとエを見てみると、いずれも微妙な肢である。
しかし、両者の比較という点から言うと、イの方が正しそうだと考えることができる。

ヒントはまず、語尾である。
エは「明らか」といっている。
確かに、天皇主権の否定という考え方を強調すると、「天皇は主権者たる国民には含まれない」という考え方もできそうだ。
しかし、天皇主権の否定というのは、「天皇のみが主権者」という考え方を否定するに過ぎないと考えるなら、
天皇を国民の1人として考えることは可能である。
従って、他の考え方もありうる以上「明らか」としていることには、誤りの疑いが強いと考えられる。

また、イは国民主権論についての記述であるが、「的確に反映」しなくてもいいといっているにとどまる。
これが、「全く反映しなくてよい」となると、誤りの疑いが強くなるが、この程度なら、セーフではないかと考えることができる。

以上から、比較的イが正しく、エが誤りではないか、と考えればよい。

そうすると、正解は3となる。

肢の組み合わせで解ける問題であり、また、内容も基本的である。
易しい部類に属する問題であると思う。

戻る