平成18年度新試短答公法系第17問解説

【問題】

国会議員の地位と権能に関する次のアからオまでの各記述について,誤っているもの二つの組合
せを,後記1から10までの中から選びなさい。

ア. 比例代表選挙において選出された国会議員も全国民の代表であるが,国会法は,比例代表選
出議員が,選出された選挙における他の名簿届出政党に所属する者になったときは退職者とな
ると規定している。

イ. 憲法第50条は,両議院の議員は「法律の定める場合を除いては」国会の会期中逮捕されな
いと定めており,それを受けて,国会法は,議員が国会の会期中に逮捕され得る場合として,
院外における現行犯の場合とその院の許諾のある場合を挙げている。

ウ. 憲法第51条は,国会議員が「議院で行った演説,討論又は表決について,院外で責任を問
はれない」と定めているので,議員が所属する政党が,議員の院内での表決などを理由に除名
処分を行うことは憲法上許されないが,政党の除名処分が司法審査の対象とならないため,実
際にはそうした憲法第51条違反の除名処分に法的統制が及ばないことになっている。

エ. 最高裁判所は,議員が院内での質疑等によって個人の名誉を低下させる発言をしたとしても,
国会議員がその付与された権限の趣旨に明らかに背いてこれを行使したものと認め得るような
特別の事情がある場合に限り,国家賠償法第1条第1項にいう違法な行為があったとして国の
損害賠償責任が認められると判示した。

オ. 国会が国の唯一の立法機関である以上,議員は当然に法案をその所属する議院に提出するこ
とができるが,この議員の法案提出につき一定の人数の賛同を得ていることを要求するなどし
て制限を加えることは憲法上許されないのであって,実際,国会法には議員による法案提出を
制限する規定はない。

1. アとイ  2. アとウ  3. アとエ  4. アとオ  5. イとウ  6. イとエ
7. イとオ  8. ウとエ  9. ウとオ  10. エとオ

【解説】

アについて

国会法109条2項から、正しい。
同項は括弧書きが多くて読みにくいが、最初はすべての括弧を飛ばして読むとよい。
そうすると、

「参議院の比例代表選出議員が、議員となった日以後において、当該議員が参議院名簿登載者・・・であった参議院名簿届出政党等・・・以外の政党その他の政治団体で、当該議員が選出された選挙における参議院名簿届出政党等であるもの・・・に所属する者となったとき・・・は、退職者となる。」

という風になる。
これなら、意味がよくわかるだろう。

イについて

国会法33条から、正しい。
この具体的例外が憲法には規定されていないということも含めて、覚えておきたい。

ウについて

免責特権で免除されるのは、法的責任であって、政治責任は含まれない。
政党による除名は政治責任の追求手段であるから、免責特権の対象外である。
よって、議員が所属する政党が,議員の院内での表決などを理由に除名処分を行うことも憲法上許される。
また、一般市民法秩序に関わる限り、政党の除名処分も司法審査の対象となりうる(共産党袴田事件参照)。
よって、この2点において、誤っている。

エについて

病院長自殺事件判決の判旨を参照。
判旨は、「国会議員が国会の質疑演説討論等の中でした個別の国民の名誉又は信用を低下させる発言につき、国家賠償法一条一項の規定にいう違法な行為があったものとして国の損害賠償責任が肯定されるためには、当該国会議員が、その職務とはかかわりなく違法又は不当な目的をもって事実を摘示し、あるいは、虚偽であることを知りながらあえてその事実を摘示するなど、国会議員がその付与された権限の趣旨に明らかに背いてこれを行使したものと認め得るような特別の事情があることを必要とする。」
としている。
よって、正しい。

オについて

国会法56条1項は、法律案の提出に人数要件を課している。
よって、誤り。
予算を伴う法案について、要件が加重されていることも含めて、押さえておこう。

以上から、誤っているのはウとオである。
従って、正解は9となる。

戻る