平成18年度新試短答公法系第32問解説

【問題】

次の文章について,後記語句群アからカまでの中から適切な言葉を選択して空欄A,B,Cに入
れて文章を完成させる場合の正しい組合せを,後記1から8までの中から選びなさい。

行政上の強制執行とは,行政上の義務の不履行に関して行政機関が行う,【A】作用ないし手続
をいう。それは,【B】である点において行政罰と区別され,また,義務の不履行を前提とするも
のである点において,義務の不履行を前提とせずに行政上必要な状態を直接に実現するための強
制手段である【C】と区別される。

【語句群】

空欄Aについて

ア. 自ら義務者のすべき行為をし又は第三者にこれをさせ,義務の履行があったのと同一の状
態を実現する

イ. 強制的に義務を履行させ又は履行があったのと同一の状態を実現する

空欄Bについて

ウ. 予想される義務不履行に対する事前の対応手段

エ. 将来に向けて一定の状態を実現するもの

空欄Cについて

オ. 即時強制

カ. 直接強制

1. AアBウCオ  2. AアBウCカ  3. AアBエCオ
4. AアBエCカ  5. AイBウCオ  6. AイBウCカ
7. AイBエCオ  8. AイBエCカ

【解説】

Aについて

行政上の強制執行の説明として適切なのはイである。
アは代執行についての記述である。

Bについて

行政罰との区別の観点から適切なのはエである。
行政罰は、過去の義務違反の制裁だからである。
ウは、執行罰についての記述である。

Cについて

義務の不履行を前提とせずに行政上必要な状態を直接に実現するための強制手段とは、即時強制である。
よって、オが入る。
直接強制は、あくまで履行義務を前提とするから、ここには入り得ない。

よって、正解は7となる。

戻る