平成18年度新試短答民事系第8問解説

【問題】

親子関係をめぐる訴訟に関する次のアからオまでの記述のうち,正しいものを組み合わせたもの
は,後記1から5までのうちどれか。

ア. 妻は,夫が嫡出否認の訴えを提起せずに死亡した場合には,嫡出否認の訴えを提起すること
ができる。

イ. 婚姻後200日以内に生まれ嫡出子として届け出られた子の父子関係は,夫が子の出生を知
った時から1年を経過しても争うことができる。

ウ. 認知の訴えは,父の死後も3年間は,検察官を被告として提起することができる。

エ. 嫡出推定が及んでいる子について,他の男性が認知をすることはできないが,子の側から認
知の訴えを提起することはできる。

オ. 母子関係の存在を争う第三者は,母と子のどちらか一方が死亡した後は,訴えを提起するこ
とができない。

1. アイ  2. アオ  3. イウ  4. ウエ  5. エオ

【解説】

アについて

相続権を害される場合に限られ、一般的にはなし得ない(人事訴訟法41条)。
よって、誤りである。

イについて

嫡出推定されない(772条2項)以上、
親子関係不存在の訴えにより、期間制限なしに争える。
よって、正しい。

ウについて

正しい(787条、人事訴訟法42条1項)。

エについて

誤り(779条「嫡出でない子」)。

オについて

誤り(最判昭56・10・1)。

以上から、正解は3である。

戻る