平成18年度新試短答民事系第28問解説

【問題】

保証に関する次の1から4までの記述のうち,正しいものはどれか。

1. 連帯保証契約は書面によらなければ効力を生じないが,単純保証契約であれば書面によらな
くても効力を生じる。

2. 継続的売買契約により生じる代金債務を主たる債務とする根保証契約がされた場合,主たる
債務の元本,主たる債務に関する違約金,損害賠償その他その債務に従たるすべてのもの及び
その保証債務について約定された違約金又は損害賠償の額について,極度額を定めなければ,
根保証契約の効力は生じない。

3. 債権者が,主たる債務者の財産について,金銭の支払を目的とする債権についての強制執行
を申し立て,その手続の開始決定がされた場合,貸金等根保証契約における主たる債務の元本
は,その申立ての時に確定する。

4. 貸金債務を主たる債務とする根保証契約で個人が保証人のものについて,元本の確定期日を
契約締結の日から4年を経過した日と定めた場合,元本確定期日は3年を経過した日とされる。

【解説】

1について

誤り(446条2項)。
連帯保証に限られない。

2について

誤り(465条の2第1項・2項)。
継続的売買契約により生じる代金債務は、1項でいう
「債務の範囲に金銭の貸渡し又は手形の割引を受けることによって負担する債務が含まれるもの」
にあたらないからである。

3について

正しい(465条の4第1号)。
根抵当にも類似の規定がある(398条の20第1項1号)。

4について

誤り(465条の3第1項、2項)。
3年となるのは、期限の定めがない場合、5年を超える確定期日を定めた場合である。

貸金等根保証契約についての参考リンク1参考リンク2参考リンク3

戻る