平成20年度旧司法試験択一結果発表

合格点46

6月5日に、法務省が旧司法試験択一式試験の結果を公表した
合格点は46点だった。
試験実施直後の感想としては、45点くらいかと思っていた。
それよりは1点高かった。
問題の難易度からすると、厳しい合格ラインだとは思う。
ただ、旧司法試験の現状からすると、やむを得ないだろう。
もっとも、その厳しさは、必要な知識量が増えたという意味ではない。
そうではなく、少しのミスも許されなくなったという意味である。
憲民の難しい問題10問程度をあっさり捨て、それ以外をパーフェクトで取る。
それが出来る人が受かりやすかったと思う。

合格者数等について

事前の予想では、受験者数18035人、合格者数1716人だった。
実際の受験者総数は18201人、合格者数は1605人だった。
予想より100人ほど合格者が絞られた。
ただ、概ね予想通りの結果だったということが言える。

合格者年齢の上昇幅拡大

むしろ、意外感があったのは合格者平均年齢である。
33.36歳。
昨年度よりも、1.85歳高い。
1歳程度あがるのは理解できる。
昨年度の受験生が今年も受ける場合、自動的に1つ歳をとるからだ。
しかし、それを上回る上昇幅となっている。
下記は、平成13年度以降の択一合格者・出願者の平均年齢の推移である。

年度

択一合格者
平均年齢

択一合格者
年齢前年比

出願者
平均年齢

出願者−合格者

13

28.91

 

 

31.26

2.35

14

28.79

−0.12

31.21

2.42

15

28.82

+0.03

31.39

2.57

16

29.54

+0.72

31.97

2.43

17

30.00

+0.46

32.77

2.77

18

30.43

+0.43

19

31.51

+1.08

20

33.36

+1.85

択一合格者の平均年齢は、平成15年度以降一貫して上昇している。
しかし、平成18年度までは、その上昇幅は1歳を下回っていた。
昨年度に1歳をわずかに超え、今年はそれを大きく超えてきた。
これは、若手の新規参入が減ったというだけでは説明できない。
既存の受験生のうち、若年層が撤退又はローに回った。
他方、30を超えた受験生は、撤退もローへの転向もできずにいる。
そういう状況になっていると思われる。

法務省は平成18年度以降、出願者の平均年齢を公表しなくなった。
しかし、これまでの推移では、出願者年齢−合格者年齢は、概ね2.5歳程度である。
そうすると、今年については、出願者平均年齢は、35を超えている可能性が高い。
出願者の大半が、30代後半ということになる。

旧司法試験受験生の中には、将来予備試験を受験する者も少なくないだろう。
そうなると、予備試験受験生の平均年齢は相当高くなるはずだ。
他方、予備試験の新規参入者は、おそらくローから受験して三振した者である。
ローで2〜3年、そして三振分の3年。
合わせて5〜6年ということで、三振者は若くても20代後半である。
そして、その者達も毎年歳をとる。
そうすると、予備試験の受験者の平均年齢が、新規参入によって大きく下がることは考えにくい。
将来的に予備試験受験生の高齢化ということが、深刻な問題となる可能性がある。

戻る