平成20年度新司法試験短答式結果発表

合格点230点

旧司法試験と同日の6月5日に新司法試験の短答式の結果が公表された
以前の記事で、今年の短答の合格点も210点だろうと書いた。
科目別の足切りラインが満点の40%で固定されている。
同じように、全体の合格点も満点の60%で固定されているのではないか。
このように考えていた。
しかし、実際は230点。
予想は外れた。
もう一度、合格点の設定基準を考えてみる必要がある。

なぜ230点になったか

合格点を設定するとき、上位何%・何人を合格させるという考え方がある。
そうすると、合格点は毎年変動し、それも、キリの悪い数字になりやすい。
旧司法試験の択一論文や、新司法試験の論文はこのタイプである。

他方、一定の点数を決めて、そこに達すれば合格させるという考え方もある。
これによると、合格点は比較的安定し、キリの良い数字になりやすい。
日商簿記がこのタイプだろう。

今年の結果は、合格点が変化し、同時に、キリの良い数字になった。
これは、どのような基準によるのだろうか。
以下は、これまでの短答式の合格点等を年度別にまとめたものである。

年度

平均点

受験者数

短答合格者数

最終合格者数

210点以上
の割合

230点以上
の割合

累計80%を最初に
超える点数

18

242.92

2087

1684

1009

80.6

56.7

210

19

247.6

4597

3479

1851

80.2

61.3

210

20

267.9

6238

4654

2100〜2500

87.8

76.15

224

平成18・19年度は偶然の一致があった。
上位80%を取ろうとすると、合格点がピッタリ210になっていた。
そのため、210という点数ではなく、8割合格させただけではないかとも思われた。
ただ、今年は8割合格だと、224点が合格点になるはずである。
そのため、今年度に関して、上位8割を取ったという説明は妥当しない。

平均点に着目すると、過去と比べて大体20点くらい高い。
だから、合格点も20点上げてみた、という考え方もできなくはない。
しかし、それはちょっと短絡的過ぎる。

4対6の法則か

上記の表だけだと、平成18・19年度は共通性が多いが、今年度とは異質な部分が多い。
共通の基準を見出しにくい。
そこで、今度は別の視点で表を作成してみた。
下記は、年度別の全体不合格者、短答不合格者及び論文不合格者の表である。
なお、平成20年度については最終合格者数が未定である。
そこで、下限とされる2100と、上限とされる2500の二通りを算出している。

年度

全体不合格者数

短答不合格者数

論文不合格者数

18

1078

403(37.3%)

675(62.6%)

19

2746

1118(40.4%)

1628(59.2%)

20
(2100)

4138

1584(38.2%)

2554(61.7%)

20
(2500)

3738

1584(42.3%)

2154(57.6%)

短答対論文の比率にして、4:6の割合で落としているようにみえる。
厳密な一致ではないので、はっきりとしたことはわからない。
ただ、概ね4:6で不合格者を配分するような点数で、キリのよいものを選んでいる可能性はある。

参考までに、旧司法試験で同じような数字をまとめてみた。
以下の表がそれである。
なお、平成20年については、最終合格者を180と仮定して算出している。

8:2と言えなくはないが、さほど安定した数字にはなっていない。
最近の3年間でみると、むしろ9:1になってしまっている。

年度

全体不合格者数

択一不合格者数

論文不合格者数

20785

17288(83.1%)

3497(16.8%)

20469

17161(83.8%)

3308(16.1%)

19993

16033(80.1%)

3960(19.8%)

20797

16828(80.9%)

3969(19.0%)

16955

13157(77.5%)

3798(22.4%)

18649

14467(77.5%)

4182(22.4%)

20519

16418(80.0%)

4101(19.9%)

21153

16682(78.8%)

4471(21.1%)

22829

17911(78.4%)

4918(21.5%)

10

25905

20619(79.5%)

5286(20.4%)

11

28852

24173(83.7%)

4679(16.2%)

12

30703

25604(83.3%)

5099(16.6%)

13

33093

27353(82.6%)

5740(17.3%)

14

40215

35002(87.0%)

5213(12.9%)

15

44171

38386(86.9%)

5785(13.0%)

16

41831

35929(85.8%)

5902(14.1%)

17

37974

31791(83.7%)

6183(16.2%)

18

29706

26428(88.9%)

3278(11.0%)

19

23056

21087(91.4%)

1969(8.5%)

20

18021?

16596(92.0%?)

1425?(7.9%?)

従って、現段階では、よくわからないというのが結論だ。
点数で切るのは変わらないが、その要求水準を平均点を見ながら上下させるのか。
それとも、人数で切っているが、たまたまキリのいい数字になったのか。
人数で切りつつ、その前後のキリのいい数字を設定しているのか。
来年以降の合格点に注目したい。

戻る